外来・病棟のご紹介


病院の顔として

外来

こんにちは。当院外来は、内科の患者さまを中心に、整形外科・外科・泌尿器科などの患者さまが来院されています。私たちは、来院された方々の苦痛を和らげ、満足して帰って頂けるよう、又、安全・安心の看護が提供できるよう他職種とも協力しながら行なっています。病院の顔として、きちんとした身だしなみや笑顔での対応を心がけています。
岡谷会の各診療所・訪問看護ステーションとも連携し、センター病院としての役割を担っていくと共に、地域に開かれた病院としてかかりやすさを追求して行きたいと考えています。

患者の気持ちとじっくり付き合って

血液透析センター

当院の血液透析センターは31ベッドあります。月・水・金曜日は午前、午後の2クール、火・木・土曜日は午前の1クールの透析をしています。透析センター勤務は祭日は曜日どおり透析があり盆も正月もないですが、日曜日は休みです。夜勤がないため家庭の事情などで夜勤ができないナースが異動してくる職場でもあります。
「透析は死ぬほどいや!」という気持ちの患者さまが私たちとじっくりとつきあう中で「生きるために透析するぞ!」という気持ちに変わって行かれます。生きる勇気を与えることのできる職場です。

在宅の生活に目を向けた看護

3階病棟(地域包括ケア病棟)

地域包括ケア病棟として、急性期病院で治療が落ち着いた方や、自宅や施設への退院調整、リハビリなどが必要な方が入院されています。
高齢の患者さんが多いのですが、診療所や訪問看護ステーションなど地域と連携し、在宅での生活に目を向けた看護を心がけています。
若手からベテランまで、安全を第一に、患者さまの意見を大切に、満足していただける看護を目指して頑張っています。

法人内外の連携を大切に

4階病棟

一般病床29床、地域包括ケア病床21床の病棟です。
内科を中心に、急性期の治療が必要な方が対象で、泌尿器科の手術も行っています。
また、在宅療養中に入院治療が必要な状況になった方(サブアキュート)や、急性期病院からの転院後の治癒の継続(ポストアキュート)、リハビリを含めた退院支援を目的とした入院も受けています。
入院時より、在宅での生活を考えた看護が提供できるよう、法人内外の連携を大切にしています。

患者さまが快適な生活を送れるように

5階病棟

主に脳血管障害や骨折などの患者さまを対象に、寝たきり防止と日常生活動作のリハビリテーション(以下リハビリ)を提供し在宅復帰を図ることを目的としています。病気の発症から2ケ月以内に入院し、病名により60~180日間のリハビリの後、在宅等へ退院していただく病棟です。
病棟スタッフは、退院後、患者さまが快適な生活を送れるように、ご家族やリハビリ科スタッフ、相談員とカンファレンス(調整会議)や家族面談を行っています。
またリハビリ科スタッフ、相談員、ケアマネージャーとともに自宅訪問をして、日常生活がスムーズにできるようなアドバイスをしています。

  • おかたに病院
  • 奨学金制度
求人案内
看護部ブログ
カムバックナース研修会
カムバックナース
研修会
看護ブログ
准看護師
キャリアアップ
求人案内
求人案内