HOME病院からのお知らせ>フィブリノゲン製剤

病院からのお知らせ

フィブリノゲン製剤を使用した可能性のある方へのお知らせ

C型肝炎ウイルス検査のおすすめ

 

2004年4月26日
おかたに病院院長

 

 フィブリノゲン製剤は、1964年に製造承認され、C型肝炎ウィルスの不活性化処理が十分にされるようになった1994年まで、30年間にわたって手術などで危険な使用が続けられました。
 主として出血を止める止血剤として使われましたが、この血液製剤からC型肝炎ウイルスに感染し、それが原因でC型の慢性肝炎になり、肝硬変、肝がんになる方がいることもわかり、社会問題となっています。
 それは十分な審査をせずこの血液製剤の製造・販売を認めた厚生省(当時)と、高率に肝炎が発生する危険があることを添付文書に明記しなかった三菱ウェルファーマ(旧ミドリ十字)に責任があります。
 東京、大阪、札幌、名古屋、福岡ではフィブリノゲン製剤で肝炎になった患者さんが国、製薬メーカーを相手取り訴訟を起こしています。
そして重要なことは、フィブリノゲン製剤を使用してC型肝炎ウイルスに感染しているにもかかわらず、そのことを知らされていない患者様がいることです。
 当院ではフィブリノゲン製剤の使用状況を調査し、使用した患者様、あるいは使用したことを否定できない患者様などにはご連絡をとり、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかの検査をお勧めする活動を行なっています。
 肝炎は早期発見、早期治療が重要ですが、そのためにはまず検査が必要です。
 当院の調査では、1980年3月と4月に8本、1981年4月に4本、1984年4月に1本購入したことがわかっており、その時期に手術をされ、大量出血した可能性のある患者様のカルテ等の追跡調査を行っているところですが、すべてを追跡することができていません。
 つきましては、下記について、お心当たりのある方は 是非受付にお申し出てください。

 

<申し出ていただきたい患者様の範囲>
1980年3月~6月
1981年4月~6月
1984年4月~6月
に、岡谷病院(当時)の外科・泌尿器科で手術され、
手術時に大量出血した可能性のある方

 

ページトップ